事業紹介

プロデュース

当社のIP・アーティスト・バンドなどの音楽コンテンツを制作する部署です。
アニメやゲーム作品の音楽(主題歌/挿入歌/劇伴BGM等)に対してどんなものが合うのかロックかポップかプログレかなど様々な角度から考察し、 アーティスト・バンドは誰が適任なのかを追求し、またアーティスト・バンドに対してはどんな作品がマッチするのか、 そして作品の内容とリンクさせどう昇華していくかを考え、アーティストイメージを構築しビジュアルに反映しパッケージしていく。
なんて書くと小難しいように受け取られかねませんが、要は「いい音楽を作りましょう」ということです。
具体的な業務としてはアーティストスケジュールの確認、アニメ・ゲームの委員会との折衝、 レコーディングスケジュール・制作予算の管理、プロモーションの企画、ライブ・コンサートの企画などがあります。
「いい音楽」を届けるためクリエーターとエンドユーザーの一の橋としてあるべく日夜業務に勤しんでおります。

先輩インタビュー

宣伝

”コンテンツの情報を各方面にタイムリーに届ける。”これが宣伝の業務です。
具体的な業務は、WEB・雑誌・TV・新聞・ラジオなどの各種媒体への広告出稿や、それぞれと連携したプロモーション企画の立案実行、各種フェアへの出展や販売促進イベントの企画運営、 そして販促物や特典物の作成などなど・・・多岐に亘ります。
最近ではプロモーションの場として注目されているSNSを使い、ユーザーの皆様とダイレクトに繋がりつつ、一緒に作品を盛り上げられるような口コミのバイラル・マーケティングも定着しています。
このように、時代に合致したツールを柔軟に取り入れるアンテナも、宣伝の大切な要素です。シンプルに言えば、“担当アーティストや作品をユーザーに届ける為、効果がありそうなことは何でもやる”というのが宣伝の仕事です(※但し、予算厳守)。
突き詰めると、やることはどんどん増えて行きますが、そこが醍醐味です。
また、所属アーティストのメディア露出展開についても、プロデュースやコーディネートを行います。 メディア出演に向けて、各種媒体へのブッキング営業のほか、出演・収録・取材の現場のコーディネートまで携わり「アーティストの声」をダイレクトに届ける仕事をしています。

先輩インタビュー

マーチャンダイジング

マーチャンダイジングでは、主にアーティストのライブ・イベント実施の際に販売するライブグッズを企画開発し、製造から販売まで行っています。
プロデュースと綿密な連携を取りながらアーティストやライブ本体の理解を深めた上で、アーティストご本人や製造業者・権利元等と交渉・調整を行いながらアイデアを膨らませております。
グッズを通してお客様に喜び・感動を与え、相乗効果によりイベント・アーティスト・ライブを盛り上げることが仕事です。

ジャケット等の印刷物の制作については、プロデュースやデザイナーと相談しながら、製品仕様やデザインを作品やアーティストのコンセプトから膨らませて提案し、形にしていきます。
実際に自分で手を動かしてデザインするのではなく、デザイナーや印刷会社に的確な指示を行います。
撮影をする際にはその準備や進行管理も行ないますし、全体の予算管理も重要な仕事です。

先輩インタビュー

ライツ

制作プロデューサーやA&Rと連携し、全世界において、自社保有の音楽原盤や映像原版、商標等のライセンスアウト業務、 他社権利物使用にかかるライセンスイン申請など二次的利用にかかる業務全般を行っています。
音楽に関するパッケージ、ゲーム、ライブ等の興行にかかる様々な契約の交渉~作成~締結を行い、 権利者への対価の配分業務も併せて行っています。
音楽の使われ方がデジタル配信、各種放送、貸与など多様化する時代において、 世界中にいるファンの皆様、アーティスト、作詞・作曲家の方々にとって、 どのように音楽をライセンスしていけば有効的か、 広く知ってもらうために何の方法があるか、時代のニーズに応えているか…
ただライセンスをするのではなく、ファンや創り手、コンテンツの在り方を常に考えて仕事をするのが重要と考えています。

販促

CDなどの商品を販売する営業と連携し、それら商品の出荷管理、法人別特典の調整、販促企画の考案、販促イベント運営、音楽配信業務、新譜案内書作成などの業務を行なっています。
音楽商品は、毎週発売されますので、回転も早く素早い仕事が求められます。
より多くのお客様に届け、満足していただけるように販促案を考案、調整実施しております。
市場に対し広くアンテナを張り、さまざまなことに興味を持ち、自らの意思で行動する積極的な姿勢が必要となります。

音楽出版

アーティストや作家の創作した”楽曲を売る”ことが音楽出版の業務です。
音楽はアーティストや作家により生み出されたと同時に『著作権』が発生します。
私たちはアーティストや作家の皆様と契約を締結し、その楽曲の著作権管理を行っています。
バンダイナムコミュージックライブは30,000曲を超えるアニソンやゲームミュージックの著作権を管理しており、 国内・海外を問わず、より多くの人たちの耳に届くよう楽曲のプロモーションを行うことが私たちの仕事です。
また、お預かりした著作権の権利保護、著作権使用料の還元なども大切な業務の一つです。
パッケージ市場が縮小し、今後音楽の楽しみ方がどのように変わっても、著作権ビジネスが無くなることはありません。
私たちは新しいエンターテインメントを日々勉強し、時代の変化に対応し続けることが重要です。